お問合せ・資料請求はこちら
 
KONGOKONGO
   
お問合せ・資料請求はこちら
 

よくある質問

施設のよくある質問
 

図書館について

Q:免震製品は、どの程度の揺れに対応していますか?
 
A: 震度5程度からの揺れに対応しています。
「免震移動棚」で平成8年5月、三方向同時加振により阪神大震災の実大波を再現できる設備を有する鹿島建設㈱技術研究所において、「三次元振動実験」を行いました。
公開実験では、阪神大震災実大波(神戸気象台観測波)による振動実験、収納物の落下もなくクリアいたしました。
 


Q:電動棚の安全性能について教えて下さい。
 
A:
 電動棚HPZSの安全、安心対策
 
①操作スイッチ:大型の操作スイッチが前面パネルにセットされ、作業者が通路内進入時には点滅し、作業中であることを知らせます。
②通路進入センサ:通路内に利用者が入るとセンサーが反応し、棚にインターロックがかかります。
③台枠安全バー:台枠には大型の安全バーを設けております。万一、操作中に人や障害物に接触した場合、棚は緊急停止し、インターロックされます。
④免震:地震対策として、免震装置を標準装備しています。
 
その他オプション等もございます。詳細は下記ページをご参照ください。
製品ページ:HPZS
 
 
 電動棚AEXの安全、安心対策
 
①通路進入センサ:通路内に利用者が入るとセンサーが反応し、棚にインターロックがかかります。
②台枠安全バー:台枠には大型の安全バーを設けております。万一、操作中に人や障害物に接触した場合、棚は緊急停止し、インターロックされます。
 
その他オプション等もございます。詳細は下記ページをご参照ください。
製品ページ:AEX
 


Q:希望の色での書架製作は可能ですか?
 
A: ご希望の色での書架製作は可能です。
インテリアに合わせた木目調や、カテゴリー毎に前面パネル色を変えることも可能です。
詳細はお気軽にご相談ください。
 


Q:自動書庫の運用方法について、教えてください。
 
A: 自動書庫の運用方法は、2パターンがあります。
 
1つ目が、図書館システムとの連携することによって、利用者の方がOPAC機より直接、自動書庫内の図書の取り出し指示(出庫)ができます。
利用者は指定のサービスカウンターへ赴き、図書資料を受け取ることができます。
 
※図書館システムとの連携する場合、図書館システム側に一部改修が必要になります。弊社の見積もり範囲外とさせていただいております。
 
2つ目に、図書館システムとは連動せずに、書庫管理システムの作業PCから、自動書庫内の図書の取り出し指示(出庫)を行います。図書館職員の方のみの操作になります。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:自動書庫の地震対策は、どのようになっていますか?
 
A: 自動書庫の保管ラックは、震度7相当以上でも耐えれる堅牢な耐震設計・構造です。コンテナ落下防止装置も施されています。
 
また自動書庫の書庫管理システムでは、感震装置により震度5以上を感知すると全システムを自動的に、安全に停止させます。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:自動書庫における遠隔監視とは、なにを行うのですか?
 
A: 遠隔監視ではIT技術を駆使し、迅速なサービスの実現を支援します。具体的には、
・異常個所の特定
・システムログの収集・解析
・ソフトウェアのデバック
・サービス技術員のサポート
などです。
 
弊社では「遠隔監視」のことを「テレメンテシステム」と呼んでいます。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:自動書庫の保守、サービス体制はどうなっていますか?
 
A: サービス窓口を設け、電話での問い合わせ(オンコール)に対応させていただきます。必要に応じて、
・遠隔監視(リモートコントロール)
・現場対応(サービス技術員の派遣)
を行っています。
 
全国に保守体制を構築しておりますので、安心してご利用できます。
なお、サービス、保守については保守契約を締結することになります。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:本を展示(ディスプレイ)したいのですが。
 
A: 展示架、展示パネル、掲示板ユニット、傾斜ユニット等があります。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:本の倒れ防止には、どのような物がありますか?
 
A: ブックサポート、ブックエンド等があります。
ブックエンドは、T型、L型、三面型の3種類、それぞれ大・中・小と3サイズがあります。
傷防止用のコルク貼りも可能です。
美術書、大型本用にもご利用いただけます。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:レイアウト作成はできますか?
 
A: 金剛では図書館の運用・利用に即したゾーニングに配慮したレイアウト及び図書館家具・什器・備品の選定をご提案します。
 
詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:自動書庫について教えて下さい。
 
A: 自動書庫は図書館向けの完全無人化、自動化された図書保管管理システムです。
OPACとのリンクにより、数分程度でピッキング・ステーションまで図書が搬送され、利用者は迅速なサービスを受けることができます。
また、図書館運用の面からみても、大幅な業務コスト(蔵書点検、配架計画等)を軽減できます。
 
その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
 
 

お問合せ・資料請求はこちら
 

 

文化施設について

Q:免震台・免震移動棚は、どの程度の揺れに対応していますか?
 
A: 震度5程度からの揺れに対応しています。
 
金剛は平成8年5月、三方向同時加振により阪神大震災の実大波を再現できる設備を有する鹿島建設㈱技術研究所において、免震製品の「三次元振動実験」を行いました。
公開実験では、阪神大震災実大波(神戸気象台観測波)による振動実験を収納物の落下もなくクリアいたしました。
 


Q:シックハウス症候群の対策について教えて下さい。
 
A: 近年の建造物の高気密化や、新しい様々な建材、接着剤および用材の開発使用により、多種多様の化学物質が室内の空気中に残留しているケースが確認されています。
 
これらの化学物質の人体への健康被害は、いわゆるシックハウス症候群といわれます。目の違和感、のどの痛み、頭痛などの症状が出ると言われています。
 
その一つに、ホルムアルデヒド対策があります。
ホルムアルデヒドは、木質建材等に使用されており、刺激性が認められています。
発散量に応じて等級があり、JIS、JASの表示で「F☆☆☆☆(フォースター)」記号が着いているものは、制限なしに使用可能と定められています。
 
金剛でも利用者の方の健康を配慮し、書架用の木製側板、木製書架にはF☆☆☆☆の材料を使用しています。
 
又、美術館・博物館においては、シックハウス症候群の要因となっている化学物質は、保存資料への劣化要因でもあることが近年の研究報告などにより明らかになってきました。
 
職員の方への健康影響と収蔵物への劣化影響の両方からの観点より、化学物質の測定、よりよい環境創りのお手伝いをいたします。
 
ご不明な点や詳細はお気軽にお問合せください。
 


Q:文化財保護のために基本的な方法を教えて下さい。
 
A: 大切なのは室内環境を正しく把握し、コントロールすることです。
環境調査 温湿度の環境調査、カビの同定など、よりよい保存環境をご提案させていただくことを目的に環境調査を実施しております。
調査内容はお客様のご要望及び状況により異なりますので、お問い合せください。
クリーニング 専門スタッフによる収蔵庫クリーニングを行っています。
 
※ 金剛は収蔵庫メーカーとして責任をもって施工し、施工後のご相談にも積極的に取り組んでおります。文化財保護のために最良な環境づくりをお手伝いします。
 


Q:文化財に深刻な影響を与える地震災害の対策法を教えて下さい。
 
A: 金剛では20数年の実績と免震技術を駆使し、次の免震システムで文化財を守ります。
 
[免震移動棚/免震棚]
'95の阪神大震災、'03の宮城沖地震時で免震性能が実証されました。
'96の三方向同時加震による三次元震動実験では、阪神大震災実大波による震動実験を実施し、収納物の落下もなく免震性能を確認しております。
又、利用時間内の地震発生時にも棚を倒壊・転倒させず、来館者の安全を守ります。
 
[免震台]

陶器や彫刻はもちろん、現代美術やガラス芸術には欠かせないものです。
 
[免震フロア]

ラック等への効果はもちろん、床に直置きされる嵩の高い彫刻や現代美術にも非常に有効です。
 

 
金剛では専門スタッフが伺い、お客様の環境や収納物に最も適した地震対策をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
 

Q:調湿内装材はどのようなものを使用していますか?
 
A: 基本となる無機質系調湿材は「文化財に安全であり、優れた建材であるうえ、調湿効果が高い事」の条件を充分に満たすものを使用しています。仕様としましては
 
(1)素地仕上げ
(2)化粧仕上げ
(3)杉貼り仕上げ
 
がございます。
 
とりわけ杉貼り仕上げは、壁面の無機質系調湿材表面と杉の表面及び裏面により調湿性能を発揮します。杉を目透かしで貼り、なおかつ空気還流層を設けているため空気の流れの効率が良く、文化財に安全で調湿性能にも優れておりますので、自信をもってご提案します。
 
 
(1)素地仕上げ

(2)化粧仕上げ

(3)杉貼り仕上げ


その他詳細やご不明点はお気軽にお問い合わせください。
 
 
 
 
お問合せ・資料請求はこちら

病院について

Q:カルテ・レントゲンフィルムの保管について教えてください。
 
A: 受付取出頻度によりアクティブ保管/インアクティブ保管に大別し、次の通りご提案します。
 
[Aプラン]
アクティブ:自立棚
インアクティブ:移動棚
 
[Bプラン]
アクティブ:自立棚+カルテ管理
インアクティブ:移動棚
 
[Cプラン]
アクティブ:移動棚+カルテ管理
インアクティブ:移動棚
 
設置スペース、収納量、コストに応じて効率的な保管管理プランをご提案しますので、お気軽にお問い合わせください。
 


Q:カルテの効率的な管理をするにはどのような方法がありますか。
 
A: 受付機やオーダリングシステムの連携によるカルテ管理システムをご提案します。
 
各受付機からリクエストされたカルテの取出作業をデジタル表示等でアシストします。
アクティブカルテ管理(追出し・廃棄等)に最適な保管管理システムです。
 
患者の各科診療でのカルテは1患者1カルテ方式とし、集中管理方式が原則になります。
カルテの表示形態は以下の2種類をご提案しています。
 
[TD(ターミナルデジット)方式]
TDの色及び番号に従ってカルテの取出・返却作業を行います。
汎用フォルダを利用するため、コストパフォーマンスにも優れています。
 
[LED(光表示)方式]
カルテファイルごとに極小のマイコンIDを装着。
カルテが光表示され、瞬時に取出せます。
返却自動管理により、カルテのランダム返却が可能です。
 


Q:医療器材管理について教えて下さい。
 
A: 手術器材の保管システムとして、滅菌コンテナシステムをご提案しております。
手術に使用される各種の医療器材を専用のコンテナ内に手術の種類ごとにセットし、滅菌・保管しておくことで、器材管理の省力化を実現します。
器材がAS/RS(小型自動倉庫システム)に収納されているので搬送作業が軽減され、また、手術器材のアリバイ管理により器材管理システムが最適なコンテナ状況を把握しますので、器材の配備ミスを防止します。
 
 
 
 

お問合せ・資料請求はこちら

オフィスについて

Q:部屋の入退出管理をしたいのですが。
 
A: 金剛では、「指紋照合」又は「カードキー」による入退出管理をご提案いたします。
 
正確な本人認証、履歴の保持、扉開閉のスケジュール管理を行う事で、部外者の入室制限ができます。
 
用途の例としまして、
・金庫室、保管庫、コンピュータ室などの利用を特定の人に限定したい部屋の入退出管理
・病院などの劇薬・危険物・放射線施設(RI施設)などを取扱う管理区域の入退出管理
・特定の管理者による装置の起動スイッチとして
・警備システムのセットスイッチとして
などがございます。
 
これまで、大学試験問題保管庫、警備会社集金保管庫、大学実験施設、施設鍵管理BOXなどに採用頂いております。
 
また、移動棚と組み合わせて、文書の集密保管とセキュリティ対応を両立する事も可能です。
 
ご不明な点は、お問合せください。
 


Q:希望の色での書架製作は可能ですか?
  
A: ご希望の色での移動棚製作は可能です。
インテリアに合わせた木目調や、カテゴリーごとに前面パネル色を変えることも可能です。
詳細はお気軽にご相談ください。
 


Q:OAフロアに設置可能な移動棚はありますか?
 
A: ございます。
ハンドル式移動棚TLZや手動式移動棚CS(Cell Systems)シリーズはOAフロアへの設置が可能です。
専門スタッフがご提案いたしますので、詳細はお問合せください。
 


Q:テナントビルに設置可能な移動棚はありますか?
 
A: ハンドル式移動棚TLZや手動式移動棚CS(Cell Systems)シリーズは、テナントビルへの設置が可能です。
 
アンカーボルトによる床固定が不要で、床を傷つけることなく設置ができます。
詳細はお問い合せください。
 


Q:移動棚に扉や引き出しは付けられますか?
 
A: 扉、引き出し、引き戸など、収容物やご要望に応じて設置可能です。
詳細はお気軽にご相談ください。
 


Q:書庫(倉庫)が荷物で一杯になってしまいました。
 
A: 荷物や書籍の整理には、スペースに合わせた固定棚、スチールラックの設置をおすすめいたします。
固定棚で保管しきれなくなった場合、固定棚→移動棚への改造も可能です。
又、レイアウト作成、建築物への床荷重計算、床に傷をつけないアンカーレス移動棚もございます。
将来のレイアウト変更を見越したプラン作成など、お気軽にご相談ください。
 


Q:災害対策備品の保管について教えて下さい。
 
A: 災害時にも必要な物を速やかに取り出せる事が重要です。
金剛では、災害対策備品の保管に関して
・地震の揺れを抑える免震機能付移動棚
・火災から保存物を守る消火支援棚
・停電時でもマニュアル操作が可能な電動移動棚
等をご提案しています。
 
その他、新型インフルエンザ対策の備蓄、救命用品、避難用具、非常持ち出し袋の保管など、目的に応じて専門スタッフが最適な保管方法やレイアウトをご提案いたしますので、お気軽にお問合せください。
 
 

お問合せ・資料請求はこちら

工場・倉庫について

Q:移動棚を冷蔵庫や冷凍庫内で使うことは可能ですか?
 
A: 低温倉庫用の特別仕様がございます。
冷凍庫内(-35℃)にも適合した、電子電動ラックAEHの納入実績もございます。
 
ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。


Q:屋外で使用できる移動棚はありますか?
 
A: ございます。
・防水・防滴・防錆仕様のオープンタイプ
・全天候型カバーを装備し、雨風から守るカバー付タイプ
など、保管物に応じてご提案致しますので、お気軽にお問い合せください。
 
 

お問合せ・資料請求はこちら

住宅について

Q:金庫のダイヤル番号を忘れてしまいました。

 
A:ダイヤル番号または暗証番号を忘れた為に金庫を開けられなくなった場合
 

まずは製造番号(5〜9桁)をご確認ください。
製造番号は下の画像のピンク矢印でご確認できます。
 
番号を控えていただいた上で、最寄りの弊社支店・営業所、またはお買い上げの販売店へご相談ください。
なお、秘密保持及び事故防止のため、お問合せにはご本人である証明が必要です。

 

Q:金庫の鍵を失くしてしまいました。
 

A:金庫の鍵を万一紛失された場合には、合鍵の制作が可能です。
 
また、より安全なシリンダー錠ごとの交換にも対応いたします。最寄りの弊社支店・営業所、またはお買い求めの販売店へご相談ください。
支店・営業所一覧へ
 
なお、秘密保持及び事故防止のため、お問合せにはご本人である証明が必要です。

  

Q:正規のダイヤル番号でも開錠できませんでした。

A: 以下の可能性がございます

 
①ダイヤル番号の変更履歴がある
②故障している

 

現物確認のため、専門スタッフが派遣及び開錠作業が必要になりますので、最寄りの弊社支店・営業所、またはお買い求めの販売店へご相談ください。
支店・営業所一覧へ

 

※修理は別途見積もりいたします。 

  

Q:金庫の移設を検討しています。

A:
・移設する搬入条件
・移設先の床の荷重条件
などを確認し、別途見積もりいたします。
 

Q:金庫の撤去・廃棄を検討しています。

A: お客さまが使用された金庫は、法令によりお客さま自身が適正に処理しなければなりません。
 

そのため当社は撤去・廃棄は請け負っておりませんが、お困りでしたらまずはご相談ください。


 

Q:個人でも購入可能ですか?

 
A: 個人のお客様向けにも販売いたします。
 スタッフが無料でご提案・お見積もりいたしますので、お気軽にご相談ください。
 

Q:シックハウス症候群の対策について教えて下さい。

 
A: 近年の建造物の高気密化や、新しい様々な建材、接着剤および用材の開発使用により、多種多様の化学物質が室内の空気中に残留しているケースが確認されています。
 
これらの化学物質の人体への健康被害は、いわゆるシックハウス症候群といわれます。目の違和感、のどの痛み、頭痛などの症状が出ると言われています。
 
その一つに、ホルムアルデヒド対策があります。
ホルムアルデヒドは、木質建材等に使用されており、刺激性が認められています。
発散量に応じて等級があり、JIS、JASの表示で「F☆☆☆☆(フォースター)」記号が着いているもの は、制限なしに使用可能と定められています。
 
金剛でも利用者の方の健康を配慮し、書架用の木製側板、木製書架にはF☆☆☆☆の材料を使用しています。
 
ご不明な点や詳細はお気軽にお問い合せください。
 

Q:これまでアスベストが使用された製品はありましたか?
 
A: 弊社製品に関して「アスベスト(石綿)」の使用が確認されたものを以下のとおりご報告いたします。新たに使用が判明した場合には随時掲載いたします。
 
1. 飛散性アスベスト(吹き付けアスベスト)の使用実績はありません。
 
2. 金庫の扉又は本体枠部に耐火シール材として石綿リボン(非飛散性アスベスト)を使用している製品がありました。現在は使用しておりません。(表参照)
 

  型式 製造年 使用部位
1 H-10, H-30  ホーム金庫 1977年(昭和52年)まで 扉周りシール
2 5、7号(片開き) オフィス金庫  1971年(昭和46年)まで 枠周りシール 
1,3号(両開き)
3 ガード金庫(投入型) オフィス金庫 1982年(昭和57年)まで
※ノンアスベストに切り替え1990年まで製造
投入口周りシール

※石綿リボンはアスベスト繊維が固定されており、通常の使用状態ではアスベスト繊維が飛散する可能性は低いと考えられます。ただし、折ったり曲げたりするとアスベスト繊維が飛散することがありますのでご注意下さい。
 
3.廃棄時のご注意について
 防盗金庫・耐火金庫を廃棄する場合、家庭においては家庭系一般廃棄物、企業・団体等においては事業系産業廃棄物として処理できます。アスベストに関する特別な規制や手続きはありません。
 ただし、各自治体等の指示がある場合はその指示内容に従って廃棄してください。また、必要に応じて廃棄委託先にアスベスト含有素材の有無をお伝えください。
 
4.お問合せ先
 本件に関するお問合せ先は下記にお願い致します。

  • <お客様サービスセンター>
  • 電話: 0120-127-172
  • 受付時間: 8:30~17:00 (土・日及び祝日を除く)
  • Eメール: kongo@kongomail.com
 

Q:自宅の書籍を収納したいのですが。
 
A: お持ちの書籍(コミック、雑誌、文庫、CD、DVD、MD等)に合わせて、またご自宅の床耐荷重に合わせて、専門のスタッフが収納設備を設計いたします。
新築、改築、書斎や書庫の増築、リフォームの際にも、お気軽にご相談ください。
 


Q:自分達で移動棚のレイアウト変更(引越しや模様替え)はできますか?

 
A: 移動棚などの製品の移動や移設については、弊社までご連絡をお願いいたします。
 また、将来レイアウト変更のご予定などがおありの場合、床に傷を付けずに設置可能な移動棚もございます。スタッフがご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。
 

Q:見積や図面作成は無料ですか?

 
A: お見積、レイアウト図面、姿図面の作成等は無料です。お気軽にお問い合せください。
 
 
 
お問合せ・資料請求はこちら

特殊施設について

Q:固定納骨壇にはどのような種類がありますか?
  
A: 1壇型、2壇型、多壇型など各種取り揃えております。
直接参拝の場合は、飾り装飾のあるアルミ製を、間接参拝の場合は、経済性のあるスチール製をご推奨しております。
 
アルミ製1段式(1檀家様用)

 
アルミ製多壇式

 
 

Q:自動納骨壇の礼拝口の飾り(表装仕上げ)はどのように仕上げるのですか?
 
A: 原則、別途工事とさせていただきます。
宗派によって飾りは異なりますので、出入り業者様をご紹介いただければ弊社にて監理します。
 


Q:自動納骨壇の施工・調整のスケジュールを教えてください。
 
A: 原則として仕様確定より3ヶ月程度を要します。
設置場所の条件等によって異なりますので、詳細はお問い合わせください。

 

Q:自動納骨壇の保守、サービス体制はどのようになっていますか?
 
A: サービス窓口を設け、電話での問い合わせ(オンコール)に対応させていただきます。
全国に保守体制を構築しておりますので、安心してご利用できます。
なお、サービス、保守については保守契約を締結することになります。
詳しくはお問い合わせください。
 


Q:自動納骨壇の骨壷の収納方法を教えてください。
 
A: 専用のステンレス箱に骨壷を収納し、1箱に2個収納できます。
骨壷はサイズが様々ですので、詳しくは別途ご相談ください。
 
 
 

お問合せ・資料請求はこちら